結婚指輪の値段について

結婚指輪の予算はどれくらいなのか
未分類

結婚指輪と婚約指輪

2017年4月24日

婚約指輪は結婚してくださいとお願いする時にプレゼントする指輪のことを言います。婚約成立後、結婚式までの間つけておくための指輪と考えておくのがいいでしょう。結婚した後は、結婚指輪を一緒に着けることも出来るようになります。

一方で結婚指輪は結婚後にいつもつけておくことが出来る指輪のことを言います。夫婦で一緒に購入してお互いに毎日つけておくことが必要になります。日常的にそして長年つけておく指輪ですので、爪などのないタイプの指輪を選ぶ必要がでてきます。女性の場合には、小さなダイヤモンドをちりばめたようなタイプ指輪を結婚指輪として選択することも可能となってきます。夫婦の永遠の愛誓ってつける指輪ですので、それなりの品質のものを選んでおくといいでしょう。劣化しやすいデザインは避けたほうがいいでしょう。

結婚指輪の値段の相場ですが、昔は給料の3か月分というような話もありましたが、最近は不景気の影響もあり、給料の1月分ぐらいが相場となっています。給料の1か月分といっても、かなりの出費であるのには変わりがありませんが、それでも人生の門出を祝う意味でほとんどのカップルが購入しているというデータもありますので、できるだけ夫婦で相談して買うようにするがお勧めといえます。また、普段身に着けておくものですので、紛失してしまう可能性も高くなりますので、あまりに高額な結婚指輪を購入するのは避けたほうが無難であると言えます。